日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない


日本人はヒゲが似合わない
"ヒゲというのは、平均しますと1日に0.2mm〜0.4mm程度伸びていると言われています。
このヒゲは男性の象徴でもありセクシーという考え方がありますが、本当にヒゲが濃くなってしまうと不潔な人と思われてしまうので注意しましょう。
誰でも身体のどこかには改善をしたいと思っている悩みを抱えていることでしょう。
無駄毛もその一つであり、今では家庭用脱毛器を使用することで簡単に脱毛することが出来ます。
男臭い人でしたらヒゲを生やすことで似合うかもしれませんが、日本人というのは多くの人はヒゲが無い方が爽やかなイメージで異性にも好印象となります。
またファッションの一部としてヒゲを伸ばす場合も他のヒゲが濃くなっているとバランスが取れないこともあるのです。

ヒゲや無精ヒゲがファッション的に似合う日本人男性は少数であり、多くの人がヒゲはあまり似合いません。
日本人は外国人とは肌色が異なっているためにヒゲが目立つということが考えられるのです。"



日本人はヒゲが似合わないブログ:2019年06月23日

人は赤ちゃんを産むと父母馬鹿になる。
父母馬鹿は父母としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母親たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母親であるなら
我がお子さんがどんなからだで産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母親として当たり前の反応なのである。

これが主人になると
父母馬鹿に余計に拍車がかかる。

ムスメが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
むすこがボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

主人は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に父母馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも主人も父母馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

お子さんにとっては
父母が父母馬鹿になってくれるからこそ、
お子さんは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子さんが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子さんは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしもパパも母親も
「お子さんが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子さんは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

父母が父母馬鹿になってしまうのは、
お子さんが非常に可愛い顔をしているからである。

実はお子さんが非常に可愛い時期と、
父母が父母馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子さんが非常に可愛いからこそ
父母の理性のタガが緩んでしまい、
父母はお子さんをとことん可愛いがることによって、
お子さんは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない

★メニュー

脱毛器選びは口コミ情報などをチェック
脱毛器の効果の根拠を確認
日本人はヒゲが似合わない
ヒゲは運動不足や栄養不足が原因
ヒゲが濃くなってしまう原因
脱毛サロンに予約をしよう
わからないことは事前にしっかり確認
ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗る
肌の弱い人は使わない方が良いでしょう
自宅で手軽に使用でき使い方も簡単


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)脱毛まるわかり情報局